勢3連敗後の金星「昨日までの3日間を反省した」

7月11日(水)20時21分 日刊スポーツ

「VolvicのCMが来るかな」とカメラマンに目線を送る勢(撮影・鈴木正人)

<大相撲名古屋場所>◇4日目◇11日◇ドルフィンズアリーナ

 東前頭2枚目勢(31=伊勢ノ海)が横綱鶴竜を押し出しで破り、今場所初白星となる金星を挙げた。立ち合いから力強い踏み込みで終始、圧倒。194センチの巨漢が圧力を生かし、横綱に何もさせない会心の相撲に、場内は大歓声、無数の座布団が土俵上を舞った。

 支度部屋に戻った勢は無数のカメラのストロボを浴びて「優勝したみたいやなあ」とご満悦。「昨日までの3日間を反省しました。上(上体)ばかり力が入ってたんで、下(下半身)をしっかり意識した」という。「横綱相手にこういう相撲がとれたら自信になります」とうなずいた。

 今場所前に女子プロゴルファー比嘉真美子(24)と1年前に婚約したことを公表した。当然毎日連絡を取り合っているはずだが、この日は「企業秘密です」ときっぱり。「場所が始まっているし、今は相撲のことしか考えられませんから」と土俵に専念することを強調していた。

日刊スポーツ

「金星」をもっと詳しく

「金星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ