【七夕賞】波乱含みの一戦で狙うは高配当!重賞制覇の願いをかなえる馬とは?

7月11日(土)11時0分 SPAIA

イメージ画像

ⒸSPAIA

波乱含みの一戦

7月12日(日)に福島競馬場で行われる七夕賞(GⅢ・芝2000m)。サマー2000シリーズの初戦であると同時に、毎年のように波乱が繰り返されてきた伝統のハンデ重賞だ。
フルゲート16頭が揃った今年は抜けたメンバーがおらず、例年に増して混戦ムードが漂っている印象。波乱含みの一戦をモノにするのは果たしてどの馬か。また、馬券的に狙いたい穴馬はどれか。今週もデータを踏まえて検討していこう。
はじめに、当該レースにおける過去10年の傾向を分析する。

七夕賞・過去10年の1〜3着馬の4角順位ⒸSPAIA


スタート後に直線を目いっぱい使っての先行争いが繰り広げられるということで、近年はかなりのハイペースが続いている。とはいえ昨年のマルターズアポジーを筆頭に、逃げにこだわる馬が消耗戦を演出しているという側面が強い。これといった逃げ馬がいない今年は、そこまでハイペースにはならない可能性もあるだろう。
脚質的にはやはり後方一気は決まりにくく、速い流れに付いて行く追走力とコーナーを回りながら位置を上げる器用さが求められる舞台と言えよう。
また過去10年で二桁人気馬が3勝を挙げており、波乱傾向の強さではJRA全重賞のなかでも屈指のレースと言える。実績馬を過信せず、積極的に穴馬を狙うべき一戦と言えるだろう。なお、斤量54kg以下の馬は【3-1-4-52】という成績ながら単回収率230%、複回収率168%と人気薄での激走が目立っており、軽ハンデ馬の一発も十分に期待できそうだ。

ハンデ重賞の買い方を考える

先週のCBC賞・ラジオNIKKEI賞はともにハンデ戦であった。夏競馬の開催中はハンデ重賞がとても多い。このあとも秋の中山開催が始まるまでに中京記念・函館記念・小倉記念・北九州記念・新潟記念と5レースが控えている。先々のことも考えて、今回はハンデ重賞の買い方について考えてみたい。

過去5年の芝ハンデ重賞・前走クラス別成績ⒸSPAIA

過去5年の芝ハンデ重賞・前走クラス別成績

ⒸSPAIA


ここでは、過去5年の芝ハンデ重賞(3歳戦・牝馬限定戦は除く)を参照する。まず「上がり馬」の扱いについて考えたい。
条件戦を勝ち上がったばかりの馬は斤量の利を受けることが予想されるが、実際に昇級馬(障害帰りを除く)は前走2勝クラス・3勝クラスあわせて複勝回収率116%と、ベタ買いでもプラスの数字を残している。ハンデ重賞の昇級馬は「買い」と考えてよいだろう。今回の出走馬はヒンドゥタイムス・ヴァンケドミンゴの2頭が該当する。
今年のメンバーで重賞馬は、エアウィンザー・クレッシェンドラヴの2頭。ともにトップハンデ57kgを背負っているが、ともに近走は崩れるところも見せており、やはり実績だけを信頼するのは危険だろう。波乱傾向の強いレースということも踏まえて、人気薄から馬券を組み立ててみたい。

本命はメンバー屈指の福島巧者

前走で3勝クラスを勝ち上がったばかりのヴァンケドミンゴを本命に据えたい。昨年の菊花賞以来しばらくスランプが続いていたが、得意の福島に戻った前走であっさり勝利してOP入り。福島コースでは4戦4勝とした。
レースぶりを見ても4コーナーにかけて加速して直線で抜け出す強い競馬であり、舞台適性の高さを印象づける立ち回りであった。54kgというハンデを考えれば実績馬に付け入るチャンスは十分にあるだろう。番狂わせに期待したい。
対抗にはマイネルサーパスを推す。前走の福島民報杯では、4コーナーにかけて徐々に進出する競馬で勝利。今回のレースの試走とも取れるような秀逸な立ち回りだった。昨年のラジオNIKKEI賞2着馬でもあるし、この馬もまた舞台適性は高いということだろう。メンバーレベルから考えても重賞初制覇の期待は十分にある。
3番手評価はノーブルマーズ。前走の目黒記念では直線の入り口でスムーズさを欠くところがあったが、それでも内に進路を取ってからは伸びて4着。近走は善戦どまりの競馬が続いているが、決して衰えているわけではない。舞台実績には乏しいがそこまで人気にはならないと考えて狙ってみたい。
人気の一角と目されるクレッシェンドラヴは4番手評価とする。昨年の福島記念を制覇した実績があり、コース適性の高さは明らかだろう。休み明けでもまずまず動けるタイプであるし、人気サイドのなかでは比較的信頼をおけそうだ。
波乱と見込んで印は手広く回したいところだが、まず小回り巧者のウインイクシードは軽視できない一頭。また、ソールインパクトは昨年のこのレース以来の実戦となるが、かつて3着に入った実績もあるためケアしておいて損はなさそうだ。人気薄からはコース相性の良いレッドローゼスあたりが気になる存在だ。
▽七夕賞予想▽
◎ヴァンケドミンゴ
○マイネルサーパス
▲ノーブルマーズ
△クレッシェンドラヴ
×ウインイクシード
×ソールインパクト
×ブラヴァス
×ジナンボー
☆レッドローゼス
《ライタープロフィール》
東大ホースメンクラブ
約30年にわたる伝統をもつ東京大学の競馬サークル。現役東大生が日夜さまざまな角度から競馬を研究している。現在「東大ホースメンクラブの愉快な仲間たちのブログ」で予想を公開中。

SPAIA

「七夕」をもっと詳しく

「七夕」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ