井上尚弥のWBSS参戦、正式決定!「もちろん優勝する。自分のボクシングキャリアで新たな道へ」

7月11日(水)21時8分 スポーツニッポン

井上尚弥

写真を拡大

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25=大橋)のワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)参戦が正式に決まった。WBSSの公式サイトで11日、今秋開幕予定のバンタム級トーナメント出場が発表された。

 井上は「こんな素晴らしいトーナメントに参加できて戦えるのは光栄」とコメント。「もちろん優勝する。自分のボクシングキャリアで新たな道へ進んでいきたい」と意欲を示した。

 WBSSバンタム級トーナメントには、既にWBAスーパー王者バーネット(英国)、WBO王者テテ(南アフリカ)、IBF王者ロドリゲス(プエルトリコ)、ロドリゲスへの指名挑戦者モロニー(オーストラリア)、元5階級制覇王者ドネア(フィリピン)、元WBAスーパー王者パヤノ(ドミニカ共和国)の出場が決定。井上の正式参戦で、8人が出場するトーナメントのうち7つの枠が埋まったことになる。WBSSを主催するプロモーターのザウアーラント氏は「WBSSのシーズン2に井上を迎えることができてワクワクしている。モンスターの異名はまさに彼にピッタリ。とてもエキサイティングなファイターで、絶対的なパワーを持っている」と参戦を歓迎した。

スポーツニッポン

「ボクシング」をもっと詳しく

「ボクシング」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ