鹿島・植田直通、ベルギー移籍基本合意「世界で活躍するプレーヤーになりたい」

7月12日(木)17時17分 フットボールチャンネル

 鹿島アントラーズは12日、日本代表DF植田直通がベルギー1部リーグのセルクル・ブルージュKSVに完全移籍することで基本合意に達したことを発表した。

 植田はロシアワールドカップに日本代表の一員として参加したが、吉田麻也昌子源からポジションを奪うことはできず、一度もピッチに立つことはできなかった。23歳の植田は、2022年カタールワールドカップでは主力になることが期待されており、ヨーロッパでさらなる成長を目指すことになる。

 鹿島の公式サイトで植田は、クラブやファンへの感謝を強調した上で、「自分にはサッカー選手として世界で活躍するプレーヤーになりたいという目標があり、今回のW杯をベンチから見て、世界の舞台で戦う選手たちと勝負するためには、もっともっと成長しなくてはいけないという思いを強くしました」とコメント。「シーズン途中の大切な時期にチームを離れることになり、本当に申し訳なく感じています。皆さんに成長した姿を見せられるよう、またいつか、素晴らしい形で再会できるよう、自分らしく戦ってきたいと思います。これまで応援していただき、本当にありがとうございました」と述べた。

 植田は15日に日本と離れ、メディカルチェックなどを受ける。そこで問題がなければ正式契約となるとのことだ。

フットボールチャンネル

「植田直通」をもっと詳しく

「植田直通」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ