鹿島DF植田直通ベルギー1部に完全移籍/略歴

7月12日(木)17時4分 日刊スポーツ

DF植田直通

写真を拡大


 鹿島アントラーズのDF植田直通(23)のベルギー1部セルクル・ブルージュKSVへの完全移籍が決まったとクラブ公式ホームページが発表した。
 15日に離日し、メディカルチェック等を経て正式契約が結ばれる。
 ◆植田直通(うえだ・なおみち)1994年(平6)10月24日、熊本・宇土市生まれ。大津高−鹿島。13年3月23日、ナビスコ杯第2節東京戦でプロデビュー。14年3月1日、J1開幕戦の甲府戦でJリーグ初出場。11年にU−17W杯出場、12年にU−19アジア選手権、14年にはU−22アジア選手権に出場。15年1月のアジア杯でA代表初選出。国際Aマッチ出場4試合、ロシアW杯選出も出場なし。186センチ、79キロ。

日刊スポーツ

「植田直通」をもっと詳しく

「植田直通」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ