モウリーニョ、イングランド代表の将来を楽観視「彼らは若いチーム」

7月12日(木)10時52分 サッカーキング

52年ぶりの決勝進出を逃したイングランド代表 [写真]=Getty Images

写真を拡大

 マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、イングランド代表に励ましの言葉を送った。12日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 イングランドは11日、2018 FIFAワールドカップ ロシア準決勝でクロアチア代表と対戦。試合開始早々の5分、キーラン・トリッピアーの直接FK弾で先制したものの、68分に追いつかれ延長戦に突入。109分に勝ち越しゴールを奪われ、1966年母国開催のW杯以来52年ぶりのファイナルとはならなかった。

 しかし、モウリーニョ監督は1990年のイタリアW杯以来、7大会ぶりのベスト4に進出した代表チームが下を向く必要はないと語った。

「イングランドの選手たちには泣く理由があった。彼らは決勝進出に近づいていたからね。だが、楽観的になる理由もある。チームは前回大会よりも大きく改善された。彼らは若いチームで、多くの選手たちはクラブでいろいろな経験を積んでから、次の大会にも出場することができる」

「もし、私がFA(イングランドサッカー協会)にいたら、ガレス・サウスゲート(監督)とスティーブ・ホランド(コーチ)を継続させることは間違いない。次のユーロや、次のW杯までチャンスを与えるべきだ。選手たちやW杯に関係した全ての人間は、国のプライドをみせたのだから、誇りを持って帰ってくるべきだ」

サッカーキング

「イングランド」をもっと詳しく

「イングランド」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ