<中間速報>“黄金世代組”が活躍!勝みなみが単独首位、小祝さくらが2打差で折り返し

7月13日(金)12時50分 ALBA.Net

同組で回る小祝さくらと勝みなみ(撮影:鈴木祥)

写真を拡大

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 初日◇13日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)>

最高気温が34度と真夏日が予想される茨城県を舞台に、「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース」の初日が行われている。


全組が前半のラウンドを終え、現在6アンダー・単独首位には98年生まれの“黄金世代”筆頭・勝みなみが立っている。サマンサタバサとウェア契約を結ぶ勝は、ホステスプロとして臨む本大会でプロ初優勝に向けて好調なスタートを切っている。

勝と同組で予選ラウンドを回る同世代の小祝さくらが2打差・5位タイ、小倉ひまわりが4打差・18位タイと、“黄金世代”組が健闘を見せている。

現在、首位と1打差・2位タイには昨年プロテスト合格の沖せいら、カリス・デイビッドソン(オーストラリア)、木村彩子が続いている。2打差・5位タイには小祝のほか、辻梨恵、穴井詩、酒井美紀、サイ・ペイイン(台湾)が入っている。

そのほか、注目のルーキー・原英莉花が3アンダー・10位タイ。サマンサタバサとウェア契約を結ぶ堀奈津佳は4オーバー・98位タイ、妹の琴音はイーブンパー・56位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「勝みなみ」をもっと詳しく

「勝みなみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ