今季ツアーデビュー・工藤優海がステップ初勝利「自分らしい“粘って拾って”が取り戻せた」

7月13日(金)17時55分 ALBA.Net

工藤優海がステップ・アップ・ツアー初勝利(撮影:村上航)

写真を拡大

<ANA PRINCESS CUP 最終日◇13日◇早来カントリー倶楽部 北コース(6,522ヤード・パー72)>

ステップ・アップ・ツアー第13戦「ANA PRINCESS CUP」最終日、トータル8アンダー・単独首位からスタートした工藤優海が逃げ切りでプロ初勝利を挙げた。


QTランク123位で、今季ツアーデビューを果たした19歳の工藤は、第2戦「Hanasaka Ladies Yanmar Golf Tournament」で2位タイの成績を残したが、以後はなかなか成績が上向かず。今回の勝利には「久しぶりに自分らしいゴルフができた3日間だった」と語った。

前半9ホールは2バーディ・2ボギー。後半12番で1つ落としたものの、最終18番パー5でバーディを奪取。「後半の3ホールはさすがに緊張しました。体が動かなくなりましたね。でも17番のパーパットを決めることができて、少し気持ちがラクになりました。勝っても(この日のスコアが)1オーバーで終わりたくなかったので、18番でバーディが取れて良かったです」と、スタート前と同じトータル8アンダーをキープし、2位に3打差をつけて逃げ切った。

今年の最大の目標は、2度目の挑戦となる最終プロテスト合格。「今年はステップに出場して、いろんな経験を積むことができた。『Hanasaka Ladies YanmarGolf Tournament』で2位になったときは、ゴルフの内容より、結果を意識してしまって、思うようなゴルフができなくなっていました。今大会では、ようやく自分らしい“粘って拾って”というプレースタイルが取り戻せた。7月にピークを!と考えて取り組んできたので、今回の優勝は本当に自信になります」と、7月末の最終プロテストへ向けて、弾みのつく勝利となったに違いない。

【ANA PRINCESS CUP 最終結果】
1位:工藤優海(-8)
2位T:山戸未夢(-5)
2位T:丹萌乃(-5)
4位:加賀其真美(-4)
5位T:高木萌衣(-3)
5位T:渋野日向子(-3)
5位T:@吉田優利(-3)

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「ANA」をもっと詳しく

「ANA」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ