阪神近本、史上2人目の球宴サイクル安打! パも“アシスト”、92年の古田敦也以来の快挙

7月13日(土)20時45分 フルカウント

初回に先頭打者弾を放つと、次々に快音を響かせる

■セ・リーグ – パ・リーグ(13日・甲子園)

 阪神の近本光司外野手が、球宴史上2人目の快挙を達成した。13日、本拠地甲子園球場での「マイナビオールスターゲーム2019」第2戦。初回に先頭打者本塁打を放った近本はその後、二塁打、単打と続けて放つと、7回の第5打席で三塁打を放ち、サイクル安打を達成した。

 雨が降る悪コンディションの中で、近本が本拠地のファンを沸かせた。初回、先頭打者として打席に入ると、パ・リーグ先発のオリックス山岡の投じた1ストライクからの2球目、147キロの真っ直ぐを捉えると、打球は逆方向の左中間スタンドに飛び込み、ファンは大歓声となった。

 さらに、2回の第2打席では右翼線を破る二塁打を放った近本。3回に回ってきた第3打席でも右前安打を放ち、三塁打を残してサイクル安打に王手をかけた。4打数4安打で迎えた7回の第5打席、パ・リーグの外野はまさかの前進守備を敷いた。

 近本の打球は左翼の頭上を超える打球となると、二塁へ。さらに二塁ベースを回ったところで、一度は止まりかけるも、パ・リーグの守備陣も三塁打となるように中継プレーも弱めに行った。これを見た近本は一気に三塁へ。クロスプレーとなったが、源田からの送球を松田宣が取れずに三塁打となり、快挙を達成した。

 オールスターでのサイクル安打達成は1992年のヤクルト古田敦也氏以来となる史上2人目の偉業となった。(Full-Count編集部)

フルカウント

「阪神」をもっと詳しく

「阪神」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ