母校ユニホームでエール=プロ選手会が高校野球応援

7月13日(金)17時55分 時事通信

 一般社団法人日本プロ野球選手会は13日、大阪市内で記者会見し、今年で第100回を迎える全国高校野球選手権を応援するため、プロ選手が母校のユニホーム姿で球児にエールを送る企画を発表した。大島洋平理事長(中日)は「選手からの意見もあって実現した。プロ、アマチュアが一体となり、野球界を盛り上げたい」と述べた。
 47都道府県を代表する選手ら計57人が選出され、ユニホーム姿などを選手会のホームページ、選手個人のSNSなどで公開し、出身都道府県へのビデオメッセージも撮影する。
 久々に大阪桐蔭高のユニホームに袖を通した中田翔内野手(日本ハム)は「懐かしい。高校時代はいろんな経験をさせてもらった」としみじみ語った。 

[時事通信社]

時事通信

「ユニホーム」をもっと詳しく

「ユニホーム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ