全パが打ち勝つ=MVPは西武の森友—プロ野球オールスター

7月13日(金)23時43分 時事通信

 プロ野球のマイナビオールスターゲームは13日、京セラドーム大阪で第1戦が行われ、全パが7—6で全セに勝った。通算成績は全パの83勝78敗11分け。
 西武時代の2006年以来12年ぶりに出場した全セの先発松坂(中日)は1回5失点だった。
 全パは一回に秋山の先頭打者アーチや森友(ともに西武)の3ランで松坂から5点を先取。全セも三回までに3本塁打の反撃で追い付いたが、全パは六回にデスパイネ(ソフトバンク)と山川(西武)の連続適時打で勝ち越した。最優秀選手(MVP)には2安打3打点の森友が選ばれた。
 第2戦は14日に熊本市のリブワーク藤崎台で行われ、全パは楽天の岸、全セは巨人の菅野が先発登板する。
 トーナメント形式で争う本塁打競争の前半が試合前にあり、筒香(DeNA)が14日の決勝に進んだ。 

[時事通信社]

時事通信

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ