沖せいら首位、成田ら同級生に「早く追いつきたい」

7月13日(金)17時56分 日刊スポーツ

7番、ティーショットを放つ沖。初日を6アンダーの首位タイで終えた(撮影・小沢裕)

写真を拡大


<女子ゴルフ:サマンサタバサ・レディース>◇13日◇第1日◇茨城・イーグルポイント(6588ヤード、パー72)◇賞金総額6000万円(優勝1080万円)

 遅れてきた黄金世代の沖せいら(25=福岡センチュリーGC)が、6バーディー、ノーボギーの6アンダー、66で勝とともに首位発進した。
 松山英樹らを輩出した東北福祉大ゴルフ部出身で、17年に2度目のプロテストで合格。同年12月の新人戦加賀電子杯で、大逆転でプロ1勝を挙げた。今季は予選落ちが続き、結果を出せていなかったが「ずっと悩んでいたパットが入ってくれた」と満足そうに話した。
 練習場で佐伯三貴に練習法を教わり、10歩、15歩、20歩とパターの距離のパターンを増やしひたすら打ち続けたことで、感触をつかんだという。きゃしゃな体形から体重増に取り組んでいるそうで「3食のほかに、寝る前にも食べることにしている。開幕前に2キロ増やしたけど、先輩方からもっと増やせと言われる」と話した。
 プロテストは勝らと同期だが、年齢ではツアー10勝の成田らと同級生。「同級生にはシード選手も多いので、早く追いつきたい。チャンスをムダにしないようにしたい」と、優勝へ闘志を燃やした。

日刊スポーツ

「成田」をもっと詳しく

「成田」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ