日本ハム宮西「楽しかった」真っすぐで先輩糸井斬り

7月13日(金)23時12分 日刊スポーツ

全パ対全セ 6回からマウンドにがった全パ宮西(撮影・たえ見朱実)

写真を拡大


<マイナビオールスターゲーム2018:全パ7−6全セ>◇第1戦◇13日◇京セラドーム大阪

 日本ハム宮西尚生投手が、元チームメートの先輩を封じた。
 6回に4番手で登板。対戦を熱望していた筒香に右前打を許し「日本の4番。打撃技術が高かった」と、たたえた。代打で登場した元チームメートの先輩糸井からは「真っすぐ、ここにこいよ」と挑発的なジェスチャーを受け、笑みを見せた場面も。「糸井さんは全部、真っすぐでいこうと決めていた」と直球138キロで、二飛に打ち取った。
 「前回は肘を痛めて、消化不良だった。今回は、これ以上になく楽しかった」と満足げだった。

日刊スポーツ

「先輩」をもっと詳しく

「先輩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ