関大北陽2回戦へ 久保が初完投&3点打/北大阪

7月13日(金)19時13分 日刊スポーツ

渋谷対関大北陽 3安打完投勝利を挙げた関大北陽・久保

写真を拡大


<高校野球北大阪大会:関大北陽6−1渋谷>◇13日◇1回戦◇南港中央球場

 春の大阪大会準Vの関大北陽が渋谷を下し、初戦を突破した。先発したエース左腕・久保玲司投手(3年)が3安打1失点で公式戦初完投。打っても先制の3点三塁打を放つ大車輪の活躍を見せた。
 0−0の2回1死満塁で、フルカウントから直球を左中間にはじき返し、走者一掃の適時三塁打。自身のバットで先制し、投球でも波に乗った。4回までは1人の走者も出さない完全投球を披露。3安打1失点で投げ抜いた。辻本忠監督(41)は「今日は久保さまさまです」と最敬礼。それでも久保は「(今日の投球は)70点くらい。先頭への四球とかあったので」と謙虚に振り返った。
 今春の大阪大会決勝では久保は登板せず、大阪桐蔭に0−9で完敗。「満塁ホームランなどで大きく点差は付いたけど、自分たちも戦えると思うし、勝つ自信もあります」と夏のリベンジに闘志を燃やした。

日刊スポーツ

「北陽」をもっと詳しく

「北陽」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ