西武森MVP「一生の思い出に」松坂から300万弾

7月13日(金)23時52分 日刊スポーツ

全パ対全セ 試合後、インタビューに応えた森はスタンドにあいさつする(撮影・加藤哉)

写真を拡大


<マイナビオールスターゲーム2018:全パ7−6全セ>◇第1戦◇13日◇京セラドーム大阪

 西武森友哉捕手が、第1戦の最優秀選手賞に輝いた。
 1回2死一、三塁で、対戦を熱望していた全セ先発松坂から右越え3ランを放った。3打数2安打、両チーム最多3打点で勝利に導き、MVPを獲得。賞金300万円をゲットした。
 「めちゃくちゃうれしいです。(松坂との対決は)本塁打を狙って打席に立ちました」と会心の一発。MVPには「これは一生の思い出になるなと思いました」と胸に刻んでいた。

日刊スポーツ

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ