プロ注目昌平・米山が好投、春日部共栄撃破/北埼玉

7月13日(金)20時26分 日刊スポーツ

昌平、勝利の瞬間。スクールカラーの緑で埋まる応援席がナインを後押しした(撮影・金子真仁)

写真を拡大


<高校野球北埼玉大会:昌平6−4春日部共栄>◇13日◇2回戦◇さいたま市営大宮球場

 昌平が強豪・春日部共栄を破った。最速140キロを誇る左腕・米山魁乙投手(2年)が5回まで無安打投球を続けるなど、その速球で春日部共栄打線を押し込んだ。初速と終速の差は小さいときで2キロ。春日部共栄もこの日朝の練習で、140キロマシンで目を慣らしていたが、米山の直球のキレがその対策をも上回った。
 6月の組み合わせ抽選会の直後、黒坂洋介監督(43)が「2回戦、先発で行くぞ」と米山に告げた。早くもプロ球団のスカウトから注目される2年生左腕は、スクールカラー・緑の大応援団にも支えられ、見事に勝利。「これからもどんどん気持ちでぶつかっていきたい」と3回戦以降を見据えていた。

日刊スポーツ

「春日部共栄」をもっと詳しく

「春日部共栄」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ