骨折の超人糸井が代打!場内どよめき「できる限り」

7月13日(金)21時33分 日刊スポーツ

全パ対全セ 6回表全セ1死一塁、二飛に倒れる代打糸井(撮影・足立雅史)

写真を拡大


<マイナビオールスターゲーム2018:全パ7−6全セ>◇第1戦◇13日◇京セラドーム大阪

 右足腓骨(ひこつ)を骨折している阪神糸井嘉男外野手(36)が、代打で登場した。
 「代打・糸井」がコールされると場内はどよめいた。
 6回1死一塁、かつての本拠地である京セラドーム大阪の人工芝をゆったりと踏みしめて打席へ。打席の土を整えた右足は骨が折れている。
 マウンドには、かつてのチームメートである日本ハム宮西。初球のストライクを見逃すと、2球目をスイングした。真ん中低め138キロ直球を、ふわりと打ち上げた。二飛に終わるも、一塁に向かう際はゆっくりと走った。アウトを確認してベンチに戻る際も、足を引きずることもなく、ダグアウトに戻った。
 試合前には6月30日の故障以降、初めてのフリー打撃を行っていた。「ちょっと迷惑は掛けますが、できる限りやりたい。自分もどれぐらいできるか、わからないので」。超人を一目見ようと楽しみにしていた野球ファンに雄姿を届けた。

日刊スポーツ

「代打」をもっと詳しく

「代打」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ