菊池雄星が球宴3失点、2被弾「ガッツリいかれた」

7月13日(金)20時47分 日刊スポーツ

全パ対全セ 全パ先発の菊池(撮影・たえ 見朱実)

写真を拡大


<マイナビオールスターゲーム2018:全パ7−6全セ>◇第1戦◇13日◇京セラドーム大阪

 全パ先発の西武菊池雄星投手は、2回3安打3失点だった。
 初回は内野ゴロ3つで終えたが、2回につかまった。1死から鈴木にソロ。140キロをバックスクリーン右に運ばれた。さらに、バレンティンに左中間二塁打を打たれ、宮崎に左越えへ2ランを浴びた。5階席に飛び込む特大弾だった。
 「緊張はありませんでした。セ・リーグの打者は、皆さん、すごいバッターばかりなので対戦が楽しみでした。打たれたホームランは、ガッツリいかれました」と振り返った。

日刊スポーツ

「菊池雄星」をもっと詳しく

「菊池雄星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ