筒香2ラン「手応え十分」横浜高先輩松坂の黒星消す

7月13日(金)20時50分 日刊スポーツ

3回表全セ2死三塁、左中間へ同点2点本塁打を放った筒香嘉智(左)は菊池涼介とのタッチを避ける(撮影・上田博志)

写真を拡大


<マイナビオールスターゲーム2018:全パ7−6全セ>◇第1戦◇13日◇京セラドーム大阪

 全セの4番・筒香嘉智外野手が、大先輩の黒星をかき消す同点2ランを放った。
 3回に、山本の151キロの直球を左中間スタンドへ運んだ。9球目でアーチを描き「山本選手のストレートに対して、なかなか捉えることができませんでしたが、最後はしっかり捉えることができました。手応え十分です」と満足の1発。初回に全セで先発した松坂大輔が5失点許す立ち上がり。横浜高の大先輩を、球宴の舞台で、敗戦投手にするわけにはいかなかった。

日刊スポーツ

「先輩」をもっと詳しく

「先輩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ