国士舘大勝「左腕トリオ」一角・石井が好投/西東京

7月13日(金)16時46分 日刊スポーツ

明学東村山対国士舘 国士舘先発の石井(撮影・垰建太)

写真を拡大


<高校野球西東京大会:国士舘10−1明学東村山>◇13日◇3回戦◇ダイワハウススタジアム八王子

 国士舘・石井崚太投手(3年)が、6回1失点の好投で勝利に導いた。
 石井を含め、最速147キロでプロ注目の草薙柊太(3年)、井田尚吾(3年)の「左腕トリオ」を形成。この日の先発は「初戦は緊張しますし、安定感のある子」(永田昌弘監督)と石井が託され、指揮官の期待に応えた。「監督から完投とかは考えないでいいからと言われてましたし、いいピッチャーもいるので初回から全力でいこうと思った」と振り返った。

日刊スポーツ

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ