2年ぶりアベックVなど日本勢が躍動 世界ジュニア

7月13日(金)19時24分 日刊スポーツ

7―8歳女子で世界一に輝いた長峰真央

写真を拡大


<ゴルフ:IMGA世界ジュニア選手権>◇第3日◇12日◇米サンディエゴ周辺10コース◇男女各6部門

 日本代表選手団が、最終ラウンドとなった13−14歳の部ほか男女各5部門のうち、2部門を制した。
 7−8歳の部で、男子の根本悠誠(ゆうま、千葉・小山小3年)が通算12アンダー213で、女子の長峰真央(千葉・北貝塚小3年)が通算1オーバー172でともに優勝。2年前の6歳以下の部に続いて2人で「アベック世界一」を達成した。
 そのほかの部門でも日本勢が健闘。女子では13−14歳の部で花田華梨(栃木・宝木中3年)と森愉生(ゆい、岡山・倉敷西中2年)がともに2位となり、9−10歳の部で清水心結(みゆ、埼玉・中尾小4年)が3位に食い込んだ。
 男子では、13−14歳の部で横山翔伍(宮崎・姫城中2年)が5位、11−12歳の部の本大志(神奈川・末吉中1年)が4位、9−10歳の部の梶谷駿(岡山・総社東小5年)が6位、6歳以下の部で福井誠ノ介(愛知・東郷町中部保育園年長)が2位にそれぞれ入った。
 来年のシード権は発表されていないが、前年実績では13−14歳から7−8歳の部までは男子が6位タイ、女子が5位タイ、6歳以下の部は男子3位、女子2位となっている。
 第3ラウンドとなった15−18歳の部は、女子で第1ラウンドから首位の仲村果乃(奈良・奈良育英高2年)がスコアを伸ばせず、通算5アンダーで1打差2位に後退。団体戦を組む六車日那乃(千葉・麗沢高1年)、比嘉里緒菜(沖縄・興南高1年)ら5人が予選を通過した。男子は河本力(神奈川・日体大1年)が通算1アンダーで首位に5打差4位の好位置につけ、団体戦を組む中尾亮太(京都・同志社高3年)と蝉川泰果(大阪・興国高3年)が予選を通過した。
【日本代表最終成績】
▽13−14歳男子(パー72)
【1位】ピティパット(タイ)=207
【5位】横山翔伍(宮崎・姫城中2年)=213
【8位】吉沢己咲(群馬・藤岡北中2年)=214
【56位】竹原佳吾(神奈川・森村学園中等部3年)=224
【94位】中野麟太朗(東京・明大付中野中3年)=229
【130位】仲宗根祥仁(沖縄・緑風学園久志中2年)=235
▽同女子(パー72)
【1位】フアン(台湾)=210
【2位】森愉生(岡山・倉敷西中2年)=213
【2位】花田華梨(栃木・宝木中3年)=213
【19位】杉浦愛梨(愛知・高浜中3年)=222
【24位】榎本杏果(東京・新宿中3年)=223
【43位】藤井美羽(愛知・千種台中2年)=229
▽11−12歳男子(パー72)
【1位】バイ(ニュージーランド)=205
【4位】本大志(神奈川・末吉中1年)=207
【35位】松井琳空海(愛媛・高津小6年)=221
▽同女子(パー72)
【1位】キム(カナダ)=211
【1位】インプラシット(タイ)=211
【8位】三明桜子(福岡・沖学園中1年)=219
【11位】藤代成実(埼玉・八潮中1年)=224
【16位】二宮佳音(群馬・笠懸北小6年)=227
▽9−10歳男子(パー72)
【1位】ダンハム(米国)=204
【6位】梶谷駿(岡山・総社東小5年)=220
【25位】篠原和樹(愛媛・川之江小5年)=230
【42位】渋井晃太郎(神奈川・瀬戸ケ谷小5年)=235
▽同女子(パー72)
【1位】クレメンテ(米国)=213
【3位】清水心結(埼玉・中尾小4年)=218
【7位】菊田ひな(香川・さぬき北小5年)=222
【15位】斎藤碧夏(北海道・北光小5年)=230
▽7−8歳男子(パー75)
【1位】根本悠誠(千葉・小山小3年)=213
【7位】加藤金次郎(愛知・長根小2年)=220
【13位】石口寛樹(奈良・大正小3年)=224
▽同女子(パー57)
【1位】長峰真央(千葉・北貝塚小3年)=172
【6位】渡部琴(東京・東京ウエストインターナショナルスクール3年)=186
【8位】鈴木めい(千葉・豊岡小3年)=187
【19位】蕪木梨央(千葉・加茂学園小2年)=198
▽6歳以下男子(パー54)
【1位】メレンデス(米国)=170
【2位】福井誠ノ介(愛知・東郷町中部保育園年長)=174
▽同女子(パー54)
【1位】※須藤弥勒(日本)=164
【5位】越水愛理花(東京・神宮前小1年)=186
【日本代表第3ラウンド成績】
▽15−18歳男子(パー72)
【1位】ペトロンツィオ(米国)=210
【4位】河本力(神奈川・日体大1年)=215
【30位】中尾亮太(京都・同志社高3年)=220
【44位】蝉川泰果(大阪・興国高3年)=222
【予選落ち】小木野太優(大阪・近大付高2年)=227
【予選落ち】吉田隼汰(茨城・日本ウェルネス高1年)=242
▽同女子(パー72)
【1位】チャン(台湾)=210
【2位】仲村果乃(奈良・奈良育英高2年)=211
【12位】小野里リア(熊本・クリスチャン・アカデミー・イン・ジャパン高熊本分校3年)=219
【12位】六車日那乃(千葉・麗沢高1年)=219
【12位】比嘉里緒菜(沖縄・興南高1年)=219
【31位】石川茉友夏(群馬・前橋育英高3年)=223
【予選落ち】平木亜莉奈(茨城・ルネサンス高1年)=226
※個人資格で出場した日本代表選手団以外の日本選手

日刊スポーツ

「ジュニア」をもっと詳しく

「ジュニア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ