福村香名「十分満足」1打差準優勝 日刊アマゴルフ

7月13日(金)22時10分 日刊スポーツ

70の好スコアで回り準優勝した福村香名(撮影・益子浩一)

写真を拡大


<日刊アマゴルフ2018 第24回全日本レディース選手権・関西大会>◇13日◇京都・田辺CC(5797ヤード、パー72)

 福村香名(三木)が、準優勝した。4バーディー、2ボギーで2アンダーの70。優勝した高校2年の長阪とは、わずか1打差だったが、福村は「十分に満足しています」と笑顔で振り返った。
 ミッドの部では1位となり「パターがよく入ってくれました。前半は12パット。でも9番で3パット(のボギー)をしたのがなあ…」と漏らした。
 11番パー4では10メートルのスライスラインを沈めてバーディーを奪うなど、実力は存分に見せつけた。
 この日は30度を超す厳しい暑さに見舞われ「やっぱり京都は暑かったです」と話していた。

日刊スポーツ

「優勝」をもっと詳しく

「優勝」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ