【茨城】石岡一・河嶋主将が前代未聞のカニ歩きでホームイン!

7月13日(金)21時56分 スポーツ報知

8回無死一塁、右越え2ランを放った石岡一の河嶋は両足がつり、カニ歩きで必死の生還

写真を拡大


◆第100回全国高校野球選手権記念茨城大会 ▽2回戦 石岡一3—0竜ケ崎一(13日・ひたちなか市民)

 石岡一の河嶋駿太郎主将(3年)が両足をつり、前代未聞のカニ歩きで生還する珍事があった。

 3回から足がけいれんしており、川井政平監督(43)から「打席後に交代」と告げられた1点リードの8回無死一塁。「走れないので、ホームランを狙いました」と右越え2ランをかっ飛ばした。歩いてダイヤモンドを回ったが、三塁ベース上で限界に達し、1度休憩。「めっちゃ恥ずかしかった」と多くの観客が見守る中、横向きで何とかホームインし、仲間に抱きかかえられた。

スポーツ報知

「カニ」をもっと詳しく

「カニ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ