12年ぶり出場の全セ・松坂、1回に5失点で降板 2番手はメッセンジャー

7月13日(金)19時50分 スポーツ報知

1回2死一、三塁、森に右越え3ランを許しうなだれる松坂。後方は生還する一塁走者・吉田正(カメラ・馬場 秀則)

写真を拡大


◆マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ—全セ(13日・京セラドーム大阪)

 12年ぶりにオールスターに出場し、先発した中日・松坂大輔投手(37)が初回にいきなり5点を失った。

 先頭の秋山(西武)に先頭打者本塁打を浴びると、その後もヒットと死球で走者を出し吉田正(オリックス)に中前適時打、森(西武)に3ランを浴びた。

 1回30球、4安打5失点で降板。2回のマウンドには2番手・メッセンジャー(阪神)が上がった。

スポーツ報知

「降板」をもっと詳しく

「降板」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ