全セ筒香は3年連続弾 両軍合わせて5発…5回終えて5—5

7月13日(金)20時35分 スポーツ報知

3回2死三塁、左中間スタンドに同点の1号2ラン本塁打を放った筒香はナインとハイタッチ。左は三塁走者の山田哲(カメラ・関口 俊明)

写真を拡大


◆マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ—全セ(13日・京セラドーム大阪)

 DeNA・筒香嘉智外野手(26)が3年連続弾を放ち、全セが同点に追い付いた。

 2点を追う3回2死三塁。マウンドには全パ2番手の山本(オリックス)が上がった。右腕が全球直球で臨むなか、主砲はファウルで粘り2ボール2ストライクからの9球目。外角への151キロの直球をとらえると、左中間への同点2ランを放った。これで両軍5本目の本塁打とした。

 試合前のホームランダービーでも23発を放った主砲。本番でも自慢のバットで快音を響かせた。

 試合は5回を終えて5—5。

スポーツ報知

「京セラドーム」をもっと詳しく

「京セラドーム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ