全パ・森、松坂からの追加点弾「本当にうれしいです」

7月13日(金)20時48分 スポーツ報知

1回2死一、三塁、森が右越え3ランを放ち、ベンチでナインに迎えられる。右は一塁走者・吉田正(カメラ・馬場 秀則)

写真を拡大


◆マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ—全セ(13日・京セラドーム大阪)

 西武の森友哉(22)が初回に全セ先発の中日・松坂から3ランを放った。1—0の2死一、三塁からカウント1—1の3球目。高めに浮いた137キロをたたき、右翼ポール際に弾丸ライナーで3ランを放った。110メートル弾に「感触は完璧でしたが、入るかな? と思いました」と振り返った。

 6月17日の西武—中日戦(メットライフD)では、先発が予定されていた松坂が試合直前に登板回避。交流戦では対戦できなかった。球宴で元西武で平成の怪物、松坂から放った1発に「松坂さんはオールスター前から対戦したいピッチャーだったので本当にうれしいです」と話した。

スポーツ報知

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ