全セ・松坂、2発浴びるも「柳田選手からの三振は気持ち良かった」

7月13日(金)20時4分 スポーツ報知

1回無死、柳田を空振り三振に仕留めた松坂

写真を拡大


◆マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ—全セ(13日・京セラドーム大阪)

 12年ぶりにオールスターに出場し、先発した中日・松坂大輔投手(37)が、2本塁打を浴びるなど1回4安打5失点で降板した。

 いきなり秋山(西武)に先頭打者本塁打を被弾。続く柳田からは空振り三振を奪ったが、ヒットと死球でピンチを作ると、吉田正(オリックス)に中前安打を浴び、森(西武)に3ランを浴びた。全30球を130キロ台の直球系のボールで挑んだ松坂は「宣言通り直球系で勝負に行って、見事に返り討ちにあいましたが、柳田選手からの三振は気持ち良かったです」と話した。

スポーツ報知

「三振」をもっと詳しく

「三振」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ