全セ・糸井、右足腓骨骨折ながら代打出場 試合前には「ちょっとまだ走るのが…」

7月13日(金)21時2分 スポーツ報知

6回1死一塁、糸井が二飛に倒れる (カメラ・馬場 秀則)

写真を拡大


◆マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ—全セ(13日・京セラドーム大阪)

 全セ・糸井嘉男外野手(36)=阪神=は右足腓骨(ひこつ)骨折をおして、代打で出場した。

 5—5の6回1死一塁で、日本ハム時代の同僚でもある左腕・宮西から二飛。出場選手登録を抹消されており、試合前には「迷惑をかけますけど、できる限り。ちょっとまだ走るのが…。自分がどれぐらいできるかですね」と語っていたが、打撃面は問題なさそうだった。

スポーツ報知

「骨折」をもっと詳しく

「骨折」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ