WBSS「シーズン2」20日、モスクワで組み合わせ抽選会 尚弥の相手決定へ

7月13日(金)2時38分 スポーツニッポン

WBSSに参戦する井上尚弥

写真を拡大

 ボクシングの高額賞金トーナメント、ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)の主催者は12日、「シーズン2」の組み合わせ抽選会を20日にロシアのモスクワで開催すると発表した。「モスクワ・シアター」で開かれる抽選会には、「シーズン2」で実施されるバンタム級とスーパーライト級のトーナメントに出場する計16選手が出席。各階級のシード選手4人が、それぞれノーシード4選手と対戦する1回戦の組み合わせが決まる。詳しい抽選方法は近日中に発表され、今年実施予定のもう1階級(未発表)については後日、抽選会を行うという。

 WBA王者・井上尚弥(大橋)が参戦するバンタム級トーナメントは、8選手のうち7選手の出場が発表済み。井上、WBAスーパー王者バーネット(英国)、WBO王者テテ(南アフリカ)、IBF王者ロドリゲス(プエルトリコ)の現役4王者に加え、元5階級制覇王者ドネア(フィリピン)、元WBAスーパー王者パヤノ(ドミニカ共和国)、IBFの指名挑戦者モロニー(オーストラリア)で、残り1人が未発表となっている。5月に前WBA王者マクドネル(英国)に衝撃の1回KO勝ちを収め、3階級制覇を達成した井上の初戦の相手が誰になるのか、注目が集まる。

スポーツニッポン

「モスクワ」をもっと詳しく

「モスクワ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ