松坂 まさか初回2被弾5失点降板 12年ぶり球宴で秋山&森に被弾「見事に返り討ちにあった」

7月13日(金)19時28分 スポーツニッポン

<全パ・全セ>初回無死、秋山(左)に先頭打者本塁打を浴びる松坂(撮影・北條 貴史)

写真を拡大

 ◇マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全セ—全パ(2018年7月13日 京セラD)

 「マイナビオールスターゲーム2018」第1戦が13日、京セラドームで行われ、12年ぶりの出場となった全セの先発・松坂大輔投手(37=中日)は1イニングを2被弾を含む4安打5失点で交代した。

 古巣・西武コンビの一発攻勢に沈んだ。初回、9球粘られて秋山(西武)に先頭打者弾を被弾。カットボールを右翼席にライナーで運ばれた。さらに吉田正(オリックス)の適時打、森(西武)の3ランなど4長短打で5失点となった。松坂は6月17日の西武戦(メットライフD)で背中の張りを訴えて登板回避。6月8日のソフトバンク戦以来の登板だった。

 松坂は12年ぶりの球宴を「直球系で勝負にいって見事に返り討ちにあったが、柳田選手からの三振は気持ち良かった」と振り返った。

 松坂は西武時代に新人だった99年から8年連続で選出され、01、04年以外は全てファン投票1位(02、03年は出場辞退)。04年には第1戦(ナゴヤD)で2番手として登板し、155キロをマークするなど2回無失点で勝利投手となり、MVPに輝いている。

 ▽秋山の話 最初、中々前に飛ばなかったので前に飛ばさないとと思いました。最後に飛んだのがホームランになりました。

 ▽森の話 感触は完璧でしたが、入るかな?と思いました。松坂さんは、オールスター前から対戦したいピッチャーだったので本当にうれしいです。

スポーツニッポン

「松坂大輔」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「松坂大輔」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ