松坂 “ぶっつけ”球宴は無念2被弾5失点「もう少しまともなボールを投げたかった」

7月13日(金)21時58分 スポーツニッポン

<全パ・全セ>初回無死、秋山(左)に先頭打者本塁打を浴びる松坂(撮影・北條 貴史)

写真を拡大

 ◇マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全セ6—7全パ(2018年7月13日 京セラD)

 「マイナビオールスターゲーム2018」第1戦が13日、京セラドームで行われ、12年ぶりの出場となった全セの先発・松坂大輔投手(37=中日)は1イニングを2被弾を含む4安打5失点で無念の降板となった。

 松坂は12年ぶりの球宴を「直球系で勝負にいって見事に返り討ちにあったが、柳田選手からの三振は気持ち良かった」と振り返ったものの「背中の故障もあって、何とか投げたいと。もう少し長いイニングを投げたかった。もう少しまともなボールを投げたかった。ファンの方たちに申し訳ない気持ち」と悔やんだ。

 6月17日の西武戦(メットライフD)で背中の張りを訴えて登板回避。登録抹消のままで、6月8日のソフトバンク戦以来の登板だった。しかし9球粘られて秋山(西武)に先頭打者弾を被弾。カットボールを右翼席にライナーで運ばれた。さらに吉田正(オリックス)の適時打、森(西武)の3ランなど4長短打で5失点となり、30球を投げてこの回で降板した。

 松坂は西武時代に新人だった99年から8年連続で選出され、01、04年以外は全てファン投票1位(02、03年は出場辞退)。04年には第1戦(ナゴヤD)で2番手として登板し、155キロをマークするなど2回無失点で勝利投手となり、MVPに輝いている。40万票近い得票、声援には「温かい声援には自分自身も少し驚いた」と感謝していた。

スポーツニッポン

「球宴」をもっと詳しく

「球宴」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ