ケルバーとセリーナで決勝…ウィンブルドン女子

7月13日(金)0時9分 読売新聞

女子シングルス準決勝、オスタペンコを破り決勝進出を決めたケルバー(12日)=川崎公太撮影

写真を拡大

 テニスのウィンブルドン選手権は12日、第10日の女子シングルス準決勝で、アンゲリク・ケルバー(独)がエレナ・オスタペンコ(ラトビア)を破り、2年ぶりとなる決勝進出。セリーナ・ウィリアムズ(米)はユリア・ゲルゲス(独)をストレートで退け、8度目の優勝に王手をかけた。

 男子シングルスは11日の準々決勝で錦織圭(日清食品)を下したノバク・ジョコビッチ(セルビア)、世界ランキング1位で第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)、第8シードのケビン・アンダーソン(南アフリカ)、第9シードのジョン・イスナー(米)が準決勝に駒を進めている。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「セリーナ」をもっと詳しく

「セリーナ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ