勝みなみら首位に5人の混戦模様! 伸ばしあいのなか“攻めのゴルフ ” でリーダーボードを駆け上がるのは?【2日目展望】

7月14日(土)9時52分 ALBA.Net

ホステスプロの勝みなみ 2日目はどんなプレーを?(撮影:鈴木祥)

写真を拡大

<サマンサタバサ ガールズコレクション・レディース 2日目◇14日◇イーグルポイントゴルフクラブ(6,588ヤード・パー72)>

炎天下の中行われている「サマンサタバサ レディース」2日目。全選手がコースに飛び出し、決勝ラウンド進出をかけたラウンドが続いている。


初日を終え、2週連続の首位発進を決めた勝みなみも、9時50分に1番ティからスタートした。アマチュアで出場した昨年は、好スタート(4位タイ)を切ったものの、2日目以降伸ばせず24位タイに終わった。しかし前日のラウンド後には、そこから1年で成長を実感していることを口にし、「いつも通りできれば、今日(初日)みたいなゴルフが絶対にできる。1打1打に集中したい」と自信をしめした。ホステス大会でプロ転向後のレギュラーツアー初優勝をつかむため、2日目もバーディを積み重ねたい。

伸ばしあいの展開となった初日は、5人が6アンダーでフィニッシュし、リーダーボードの最上位につけた。昨年のプロテストに合格し、勝の同期にあたる、沖せいらもその1人。不安視していたパットが冴えスコアメイクしていった25歳は、「せっかく回ってきたチャンスを無駄にしたくない」と強い思いを抱きながらのティオフとなる。2日目も気合の込もったプレーが見られそうだ。

鈴木愛をはじめ現在の賞金ランクトップ3が出場しない大会では、5アンダーの木村彩子や4アンダーの東浩子、辻梨恵、小祝さくらといったツアー未勝利の選手もトップの座をうかがえる位置につける。63人がアンダーパーで初日を終えた展開とあって、まだ鳴りを潜めている選手のなかからも、大きくスコアを伸ばす者が現れそうだ。

今日の会場周辺の予想最高気温は34度。湿度も高く、気温以上の暑さを感じながらのプレーが続く。風も穏やかで、真夏の大会の様相はさらに強まっていきそうだ。選手も各々に伸ばしあいの展開を予想している大会とあって、2日目も積極果敢にバーディを奪いにいくシーンが目立つ1日となる。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

ALBA.Net

「勝みなみ」をもっと詳しく

「勝みなみ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ