まるでゲーム画面のようなHUDが2014年に開発中だったが今すぐ欲しい 今日は何の日: #7月14日 を振り返る

7月14日(土)4時0分 日本版Autoblog



7月14日土曜日、この週末は3連休ですので、どこかへお出かけしますか? 本日は、結構歴史的な日で、1789年にはフランス革命が勃発したり、1853年にはペリーが久里浜に上陸したり、1871年(明治4年)には「廃藩置県」の詔書が出された日だったりします。ほかには、1977年(昭和52年)に初代の静止気象衛星「ひまわり」が打ち上げられた日です。最初はアメリカのケネディ宇宙センターから打ち上げられていたんですね。「ひまわり2号」以降は種子島宇宙センターから打ち上げられており、現在は8号が運用中で、9号がバックアップ用として待機運用されています。

それでは、週末も過去のこの日に何があったかを見ていきましょう。
2017年

・ホンダの先進技術体感イベント「Honda Meeting 2017」に「シビック TYPE R」登場

・アストンマーティンがレッドブルと共同開発するハイパーカー「ヴァルキリー」の画像を公開

・ワークスマシンの水準を備えた新型BMW HP4 RACEを750台限定生産

2016年

・クリス・エヴァンス『トップギア』降板について語る

・YAMAHA SR400 「A memory on a far day is revived」

・トヨタ「プリウス」と「プリウスPHV」が米国NHTSAとIIHSの衝突試験で高評価

2015年

・ガイ・マーティンとトライアンフ、ボンネビルで2輪の最速記録更新に挑戦

・FCAのマルキオンネCEO、今後はフェラーリの役割をマセラティに期待と発言

・アルファロメオ、新型「ジュリア」の開発期間はわずか2年半

2014年

・まるでゲーム画面のようなジャガーの最新フロントガラス・ディスプレイ

・オランダのメーカーが開発したのはレトロなルックスのEVスポーツカー

・マツダ・オーストラリアが新型「デミオ」プロトタイプの走行映像を公開

本日気になったのは、2014年のジャガー・ランドローバーが開発した最新フロントガラス・ディスプレイ。フロントガラスにまるでゲーム画面のような速度や回転数を表示し、理想的な走行ラインを表示したり、ブレーキングポイントを示したりと、ゲーム好きな筆者にとっては、すぐにでも実現してほしいシステムです。タイムアタック用にゴーストカーの表示まで可能で、リアルな「グランツーリスモ」が体験でき、ドライビング技術の向上にもかなり役立つのではないでしょうか。

このほかにも、ジャガー・ランドローバーはボンネットが透けて見えるシステムをすでに発表しており、ドライビングをサポートするこういった技術は、どんどん発展していってほしいものです。筆者としては、Aピラーが透けて見えるシステムをどこか開発してもらいたいですね。Aピラーが死角になって危うく事故を起こしかけた経験があるもので。

本日はというか日本時間では明日未明になりますが、フォーミュラEの第11戦がニューヨークで予選と決勝が行なわれます。そして翌日は最終戦が同じ場所で開催され、チャンピオンが決定します。

それでは、お出かけの際はお気をつけて!

日本版Autoblog

「打ち上げ」をもっと詳しく

「打ち上げ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ