伝統のスナック菓子をカラーで再現!? 『ジープ・ラングラー』の限定車“Overland Nacho”

2021年7月14日(水)16時34分 AUTOSPORT web

 Jeep(ジープ)ブランドのフラッグシップとして君臨する本格オフローダーの『Wrangler(ラングラー)』と、その4ドアロング版の『Wrangler Unlimited(ラングラー・アンリミテッド)』に、アメリカ大陸で人気のスナックに着想を得た明るいオレンジのボディカラーを採用した限定車“Overland Nacho(オーバーランド・ナチョ)”が登場。合計300台限定で7月10日より発売が開始されている。


 最新世代のJL型にモデルチェンジしてなお、ラダーフレームを持つ骨太のオフローダーとして熱い支持を得るラングラーは、定番の3.6リッターV型6気筒自然吸気ガソリン“ペンタスター”に加え、直列4気筒直噴ダウンサイジング・ターボをラインアップに加えるなど、より現代的な構成となっている。


 そのファミリーに設定された今回の限定車は、そのペンタスターを搭載する“サハラ”グレードをベースに、2019年に発売され好評を博した限定車『ラングラー・アンリミテッド・オーバーランド』に採用された数々のオリジナルアイテムを装備。


 シルバーアクセント入りのフロントグリルやヘッドランプベゼル、シルバードアミラー、18インチ専用アルミホイール、Jeepロゴ入りハードタイヤカバーなどがエクステリアを精悍に引き立てている。


 その上で、今回のモデル名にも採用された鮮やかなオレンジ色のボディカラーが最大の特徴に。これはメキシコの伝統的なスナック、Nachos(ナチョス)から着想を得たもので、ナチョチップは北米でも人気が高く、チェダーチーズをたっぷりかけて食べるのが代表的な楽しみ方だ。


 明るいオレンジのボディは、チェダーチーズをかけたナチョチップを連想させると同時に、日常を陽気に楽しむライフスタイルをイメージしたチョイスだという。


 そんな明るいエクステリアに対応するインテリアでは、Overlandの刺繍入りブラックレザーシートと、Mopar製ハードトップヘッドライナーを特別装備。Mopar製ハードトップヘッドライナーは、インテリアの質感を高めるだけでなく夏場は断熱効果、冬場は保温効果が得られ、快適性向上にも寄与する。


 そのほか、主要な標準装備はベースグレードのサハラに準じ、LEDヘッドライトやフロントシートヒーター、ヒーテッドステアリングホイール、Uconnectの8.4インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションシステム、サブウーハー付アルパイン製プレミアムスピーカーなど充実の快適装備が揃う。


 これら豊富な追加装備を備えながら、車両価格はベース車に対し10万円高に抑えられ、2ドアの『ラングラー・オーバーランド・ナチョ』が限定100台で586万円(税込)。同じく4ドアの『ラングラー・アンリミテッド・オーバーランド・ナチョ』は、200台限定で623万円(税込)となっている。

Mopar製ハードトップヘッドライナーは、インテリアの質感を高めるだけでなく夏場は断熱効果、冬場は保温効果が得られ、快適性向上にも寄与する
18インチ専用アルミホイール、Jeepロゴ入りハードタイヤカバーなどがエクステリアを精悍に引き立てている
ヒーテッドステアリングホイール、Uconnectの8.4インチタッチパネルモニター付オーディオナビゲーションシステム、サブウーハー付アルパイン製プレミアムスピーカーなど、充実の快適装備が揃う

Overlandの刺繍入りブラックレザーシートも採用。車両価格はベース車に対し10万円高に抑えられる

公式サイト:https://www.jeep-japan.com/special_models/wrangler-nacho.html

AUTOSPORT web

「スナック」をもっと詳しく

タグ

「スナック」のニュース

「スナック」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ