4×4の走破性とスタイリッシュデザイン 「Fiat Panda 4×4 Foresta」

7月14日(土)15時0分 J-CASTニュース

自然の中にも街中にも似合うスタイリッシュデザイン!

写真を拡大

FCAジャパン(東京都港区)は、限定車「Fiat Panda 4×4 Foresta」を2018年7月14日に100台限定で発売。

イタリア語で「森林」を意味するサブネームが付けられている通り、自然の中を爽快に駆け抜ける4×4の走破性と、都会の街にも馴染むスタイリッシュなデザインを併せ持ったスモールSUVだ。



コンパクトながら5人が乗車できる


スクエアなボディーを生かし、コンパクトながら5人が乗ることができる優れた居住性を持つパンダの特長に、4×4システムと6速MTを組み合わせニッチな個性をプラスした。



エクステリアは、スキッドプレートを追加した4×4モデル専用の前後バンパー、専用15インチアルミホイール、175/65R15タイヤを採用。スモールSUVらしい精悍な印象を際立たせた。



ボディーカラーは、シリーズ初採用のシネマブラック(50台)と4×4専用色となるトスカーナグリーン(50台)の2色をラインアップ。内装は、グリーンをベースにしたインストルメントパネルと、ダークグレーとグレーのシートを組み合わせた2トーンインテリアを採用することで、シックな室内空間を演出した。



全国のフィアット正規ディーラーで取り扱う。価格は251万6400円(税込)。

J-CASTニュース

「デザイン」をもっと詳しく

「デザイン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ