栃ノ心が右足親指付け根痛め休場「痛い。踏めない」

7月14日(土)9時46分 日刊スポーツ

朝稽古の途中、師匠の春日野親方と話す栃ノ心(撮影・加藤裕一)

 新大関栃ノ心(30=春日野)が名古屋場所7日目の14日、休場を決めた。前日の玉鷲戦で敗れた際、右足親指付け根を痛め、この日の朝稽古で四股を踏むなど状態を確認の上、決断。日本相撲協会に「右母趾MP関節側副靱帯(じんたい)損傷で約1カ月間の休業、加療を要する見込み」との診断書を提出した。この日の正代戦は不戦敗となる。

 栃ノ心は「残念だけど、痛い。(足が)踏めない。変な相撲は取れない。みなさんに申し訳ない。悔しいね」と無念そうに話した。師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)は「(朝稽古の途中に)どうだ、と聞くと『痛い』と。痛みをあまり口にしない人間が痛いと言うのは相当のこと。横綱3人が休んで“オレが−”という気持ちもあったと思うけど、名古屋のファンに申し訳ないです。本人もその気持ちが強いのではないか」と話した。

 栃ノ心によると前日の取組後、病院でMRIなどを撮り、右足親指付け根の裏側の「靱帯(じんたい)が全部じゃないけど、ちょっと切れてる」という。今後は患部を冷やし、腫れを引かせる措置をとる一方、東京に戻ってかかりつけの医師にも診察してもらう予定。新大関場所で6日目を終えて5勝1敗。このまま千秋楽まで休めば、いきなりかど番となる。栃ノ心は「それは考えたくない。まだ出られるかもしれないし」と再出場への意欲も見せるが、状況は厳しそうだ。

日刊スポーツ

「栃ノ心」をもっと詳しく

「栃ノ心」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ