東海大相模3回戦へ、プロ注目森下2安打/北神奈川

7月14日(土)14時23分 日刊スポーツ

東海大相模対厚木東 4回裏東海大相模1死、右越え三塁打を打つ森下

写真を拡大


<高校野球北神奈川大会:東海大相模12−2厚木東>◇14日◇2回戦◇サーティーフォー相模原

 センバツ4強の東海大相模が5回コールドで勝利し、3回戦に進出した。
 初回に4番・渡辺健士郎内野手(3年)の右越え本塁打などで3点を先制すると、2回以降も安打を重ねて加点し、12安打12得点で快勝。プロ注目の森下翔太外野手(3年)は「2番センター」で先発し、4回にはもう少しで本塁打という右翼フェンス直撃の三塁打を放つなど2安打をマークした。好スタートを切った門馬敬治監督(48)は「試合に勝ったことで、課題を見つけて次へ向けて反省できる」と気を引き締めた。

日刊スポーツ

「東海大相模」をもっと詳しく

「東海大相模」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ