関東学園大付、大会タイの1イニング12安打/群馬

7月14日(土)12時57分 日刊スポーツ

関東学園大付対群馬高専 2回戦突破を決め、タッチする福田と来須(左)

写真を拡大


<高校野球群馬大会:関東学園大付22−2群馬高専>◇2回戦◇14日◇高崎市城南野球場

 シード校の関東学園大付が大会タイ記録となる1イニング12安打を放つなど、20安打22得点で快勝した。
 記録に肩を並べたのは7回。先頭の代打斎藤隆将外野手(2年)が二塁打で出塁。これで火が付いた打線は、この回に7連打が出るなど打者15人で12安打11得点を奪った。
 群馬大会の1イニング安打数の記録は12本。平成10年に尾瀬、同28年に富岡実業がマークしている。
 同校は秋と春の群馬大会でいずれも準優勝。今大会の優勝候補として名前が挙がる。中里壱成主将(3年)は「(7回の猛攻は)チームでつなぐ、つなぐ意識でやっていました。見えないミスも出ているので、失敗を生かして成長していきたい」と3回戦へ向けて意気込んだ。

日刊スポーツ

「タイ」をもっと詳しく

「タイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ