中野立志館が3回戦突破 田川郁弥が好投/長野

7月14日(土)13時55分 日刊スポーツ

中野立志館対伊那北 7回1失点と好投した中野立志館先発・田川投手(撮影・久永壮真)

写真を拡大


<高校野球長野大会:中野立志館10−1伊那北>◇14日◇3回戦◇松本市野球場

 中野立志館が、2回戦でAシード松本深志を破った勢いそのままに8回コールドで3回戦を突破した。
 先発した田川郁弥投手(3年)が7回1失点の好投。エース神戸尚弥投手(3年)を休ませることができた。田川は「調子は悪かったが、自分の中でストライク先行を意識した。肘の位置を下げて、思うような投球ができるようになった」と試合の中で修正した。
 2回戦の松本深志戦での神戸の投球に刺激を受けた。「自分は前回の試合で登板機会がなかった。この試合を任されたので、絶対やってやろう思った」と気合十分で試合に臨み、結果を残した。
 松本深志を破り注目を集めるが「まだ3回勝っただけ。優勝するには7回勝たないといけない。(登板の)チャンスがあれば、しっかり抑えたい」と冷静に前を見つめた。

日刊スポーツ

「高校野球」をもっと詳しく

「高校野球」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ