レッドソックス先発ポーセロ炎上、連勝10で止まる

7月14日(土)14時11分 日刊スポーツ

レッドソックス対ブルージェイズ 降板するレッドソックス先発のリック・ポーセロ(AP)

写真を拡大


<レッドソックス7−13ブルージェイズ>◇13日(日本時間14日)◇フェンウェイパーク

 レッドソックス先発のリック・ポーセロ投手が3回途中までに7安打8失点と炎上。ブルージェイズ打線に合計14安打を許して敗れ、連勝が10で止まった。
 ポーセロは6−3と3点をリードして迎えた3回に1死も取れずマウンドを降りた。この回に5点を失い、8−6と2点を追う展開にしてしまった。
 同投手は「完全に自分の責任」と認め、「チームがいい野球をして10連勝中だったのだから、この1敗で台無しにしたくない」と述べた。
 アレックス・コーラ監督は「連勝はいつか終わるもの。こういう試合もある」と、今後に向けて気持ちの切り替えを強調した。

日刊スポーツ

「レッドソックス」をもっと詳しく

「レッドソックス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ