タイガース戦力外の田沢純一、エンゼルスとマイナー契約 ソーシア監督「期待できる」

7月14日(土)9時4分 スポーツ報知


 タイガースを戦力外となった田沢純一投手(32)がエンゼルスとマイナー契約を結ぶことが分かった。13日(日本時間14日)、エ軍のマイナー施設があるアリゾナ州テンピ入りし、調整する。

 この日、ドジャースタジアムで取材に応じたソーシア監督は「2、3年前にすごく良く投げていたので、同じ形で活躍できれば。ブルペンで期待できる」と話した。また代理人のネズ・バレロ氏も「大谷と一緒にエンゼルスに貢献してくれれば」と期待した。

 田沢は日本球界を経ずに2009年にレッドソックスと3年契約。同年メジャーデビューした。16年にマーリンズと総額1200万ドル(当時のレートで約13億2000万円)で2年契約。2年目の今季は22試合に登板したが、1勝1敗2ホールド(H)の防御率9・00で戦力外に。その後、タイガースとマイナー契約を結んだが、再び戦力外となっていた。

 メジャー通算成績は379試合で21勝26敗4セーブ89H、防御率4・16。

スポーツ報知

「エンゼルス」をもっと詳しく

「エンゼルス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ