【北神奈川】慶応 狙い通り併殺、直後に一気5点で突き放した

7月14日(土)7時8分 スポーツニッポン

<慶応・日大高>5回2死一、三塁、ピンチを脱してガッツポーズする慶応・生井(撮影・和田 裕司)

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念北神奈川大会2回戦 慶応6—1日大高(2018年7月13日 横浜)

 太陽光を浴びた人工芝は表面温度をぐんぐん上げる。もわっとした空気。その中を、旋風が通り抜けた。5—6—4。狙い通りの併殺で、北神奈川・慶応は乗った。

 1—1。センバツ出場校は昨夏神奈川大会4強の日大高に6回に追いつかれ、押されていた。7回の守りも先頭打者を安打で出す。ここで策を打った。バントシフト。三塁手の下山が大きく前進し、生井は強いゴロを転がそうと高めの速球を投げた。網にかかる。二塁カバーの遊撃手・宮尾へ送り、一塁カバーの二塁手・奥村へ転送。ピンチを断った直後、大川の中前2点打に始まる勝ち越しの5得点が生まれた。

 「勝負をかけ、一番のチャージをさせた」と森林貴彦監督。バスターされれば傷が広がる賭けに勝った。惜敗したセンバツ初戦の彦根東戦でも見せたプレー。下山は「何回も何回も練習して、より自信をつけてきた」と胸を張る。3番打者には直後、3—1から突き放す2ランも出た。

 エース生井も武器を磨いていた。6回は同点とされた後、2死三塁で三振奪取。チェンジアップを振らせた。「彦根東戦は点を取られた後、チェンジアップのサインに首を振って投げた直球を打たれた」。変化球の切れ味アップに取り組んだ成果を発揮した。

 慶応普通部として1916年の第2回大会で全国優勝。100回大会に、指揮官は「大きいものを背負っている」と言う。初戦の苦しみを糧に、10年ぶりの夏の聖地を目指す。

スポーツニッポン

「神奈川大」をもっと詳しく

「神奈川大」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ