殿堂入りの金本監督 選手育てたい「子供たちが憧れるような選手を」

7月14日(土)7時8分 スポーツニッポン

<全パ・全セ>殿堂入り表彰式に登場した金本監督(左)は原氏と笑顔を見せる(撮影・岡田 丈靖)

写真を拡大

 ◇マイナビオールスターゲーム2018第1戦(殿堂入り表彰式) 全セ6—7全パ(2018年7月13日 京セラD)

 阪神・糸井から花束を受け取った金本監督はレリーフの前に立ち、「非常にうれしく思うとともに、僕の野球人生に関わった全ての人たちに心より感謝したい」とあいさつ。現役時代に1492試合連続フルイニング出場のプロ野球記録を打ち立てた。

 現在は阪神を指揮するが「野球界の発展ということにも尽力していきたい。子供たちが憧れるような選手を育てていきたい」と後進育成にも意欲的だった。

スポーツニッポン

「殿堂入り」をもっと詳しく

「殿堂入り」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ