試合前に黙とう 全パ工藤監督「少しでも野球の力を届けたい」

7月14日(土)7時8分 スポーツニッポン

<全パ・全セ>西日本豪雨の犠牲者を悼み、黙とうをささげる(左から)緒方監督、金本監督、ラミレス監督、大瀬良、中崎、田中、菊池(撮影・北條 貴史)

写真を拡大

 ◇マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ7—6全セ(2018年7月13日 京セラD)

 試合前、両チームの選手が横一列になって西日本豪雨の犠牲者へ黙とうをささげた。

 全パの工藤監督は「一日でも早い復旧をと、ここにいる選手だけじゃなく12球団の選手が同じ思いをしている。被災されて苦しんでいる方に、少しでも野球の力を届けたい」と話した。

スポーツニッポン

「京セラ」をもっと詳しく

「京セラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ