山川も外崎も西武勢が躍動 山川は第2戦本塁打競争出場へ

7月14日(土)7時8分 スポーツニッポン

<全パ・全セ>6回1死一、二塁、山川はガルシアから中前適時打を放つ(撮影・北條 貴史)

写真を拡大

 ◇マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ7—6全セ(2018年7月13日 京セラD)

 全パは西武勢が途中出場でも存在感を見せつけた。6回、1死から代打の外崎が右前打。一、二塁としてデスパイネが勝ち越し打を放つと、一塁守備から途中出場していた山川が中前適時打で続いた。

 初出場の山川は「楽しかった。シーズン中のように普通に打ちにいけた」と笑み。第2戦で出場する本塁打競争には「(優勝の座を)獲りたいです、正直」と腕をぶした。

スポーツニッポン

「西武」をもっと詳しく

「西武」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ