【東千葉】館山総合 大型左腕・相川 精彩欠き敗退も「悔いない」

7月14日(土)7時8分 スポーツニッポン

<安房拓心・館山総合>9回完投し9奪三振も初戦で敗れた館山総合・相川(撮影・山中 理子)

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念東千葉大会2回戦 館山総合1—2安房拓心(2018年7月13日 袖ケ浦市営)

 東千葉・館山総合の大型左腕・相川が初戦で散った。「フォームがばらばらになりボールが先行した」。照りつける太陽に体力を奪われ、精彩を欠いた投球。最速135キロの直球、縦のスライダーの切れ味も十分ではなく、甘い球を狙われた。

 「3年間、仲間と楽しく野球ができた。悔いはない」と晴れやかな表情を見せた。

スポーツニッポン

「千葉」をもっと詳しく

「千葉」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ