【北大阪】渋谷 常笑野球貫く エース西本胸張った

7月14日(土)8時8分 スポーツニッポン

<渋谷・関大北陽>試合後、ミーティングする渋谷の選手たち

写真を拡大

 ◇第100回全国高校野球選手権記念北大阪大会1回戦 渋谷1—6関大北陽(2018年7月13日 南港中央)

 1990年夏に当時2年生だった中村紀洋(元近鉄など)を擁して甲子園出場を果たした公立の雄・渋谷(しぶたに)が散った。エース右腕の西本周平投手(3年)は被安打3ながら四死球12と制球が乱れた。部が掲げるモットーは常笑野球。背番号1は「それは貫けたと思う」と胸を張った。

 4番の大屋友勅捕手(3年)は高校通算15本塁打。西本とは小中高と同じ学校で、高校に入学して初めてバッテリ—を組んだ。背番号2は「あいつがいたからここまでいい試合ができた」と友をねぎらった。

スポーツニッポン

「全国」をもっと詳しく

「全国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ