19歳山本由伸 “名前売った被弾”「気持ち良かった」

7月14日(土)7時8分 スポーツニッポン

<全パ・全セ>1イニングを3安打2失点だった山本(撮影・山口 和洋)

写真を拡大

 ◇マイナビオールスターゲーム2018第1戦 全パ7—6全セ(2018年7月13日 京セラD)

 出場最年少19歳の全パ・山本(オリックス)は、侍ジャパン主砲の洗礼を浴びたが「センター前とかに運ばれるより、ホームランを打たれて気持ち良かったです」とすがすがしかった。

 3回に2番手で登板し、1イニングを3安打2失点も「山本由伸」の名前を大いにアピール。球団として10代選手の球宴出場は56年の米田哲也に次ぐ62年ぶり3人目となり「また出られるように頑張りたい」と意気込んだ。

スポーツニッポン

「京セラ」をもっと詳しく

「京セラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ