【東東京】都板橋 打順間違い適時打、アピールなく続行→白星

7月14日(土)7時8分 スポーツニッポン

 ◇第100回全国高校野球選手権記念東東京大会2回戦 都板橋12—1都橘(2018年7月13日 明大球場)

 東東京・都板橋は打順を間違えた打者が適時打を放って、勝利に貢献した。初回、1点先制後の2死満塁で7番・高橋の打順。ところが8番の斎藤が打席に向かった。3人の走者もベンチも間違いに気づいたが、相手のアピールはなく、斎藤も打つ構え。2球目を右前に運び、失策も絡んで3者が還った。飛ばされた高橋は斎藤の打順で三飛。柴崎正太監督は「気づいたけど仕方なく…」と打ち明けた。

 3年生捕手の谷は、攻守の要として勝利に貢献。1年冬に一度は退部した男だ。当時は練習もほとんどしないチームで「こんななら辞める」と退部し、1週間自宅で考え抜いて「もう一度みんなを信頼しよう」と復帰した。1学年下の部員13人も谷の熱意に触発され、チームは生まれ変わった。

 「今考えると辞めなくてよかった」と谷。柴崎監督も「谷のお陰でチームが変わった。全員が同じ方向に向くようになりました」とうれしそうに話していた。

スポーツニッポン

「東京」をもっと詳しく

「東京」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ